就職活動に向けて!大学生がTOEIC高得点を狙うべき3つの理由とは?

TOEIC高得点は、就職活動で有利?

そんな疑問をお持ちの方、多くいらっしゃるはず。筆者も大学生の頃、そんなことを考えていました。実際、どうなのでしょうか?

有利になる!」というのが、筆者の個人的な結論です。

少なくとも、不利になることはないでしょう。「あのときTOEIC900点を取っておいたから、うまく行かなかった」ということは、考えにくいですね笑

さて、今回は一般企業への就職を目指す大学生に、TOEICをおすすめします!

数ある資格の中でも、なぜTOEICなのでしょうか?

大学生のうちにTOEIC高得点を取ればどんな良いことがあるのでしょうか?

なにか資格に挑戦したい!」、「TOEICに興味あるけど、踏み出せない!」という方のご参考になれば幸いです!

TOEICとは?

言わずと知れた、英語試験です。

「国際ビジネスコミュニケーション協会」という一般財団法人が実施運営しています。

ズバリ一言でいうと、「英語コミュニケーション能力を公平公正に評価する世界共通の基準」です。

詳細は公式ホームページをご覧ください。

TOEIC高得点を目指すべき3つの理由

英語は必須スキル

英語は、どんな仕事にも関連してくる、範囲の広いスキルです

理系であっても、文系であっても、日系企業であっても、外資系企業であっても、大企業であっても、中小企業であっても、所かまわず必要です。

英語のメール、英語での会話、英語のドキュメントを読むことなど、英語を使う場面は本当に頻繁にあります。

したがって、大学生のうちにある程度スキルアップしておくと、就職活動のみならず、仕事上でもかならず役に立ちます。

TOEICは社会で広く浸透している

TOEICは、英語資格、検定の中でも、英検と並んでかなりメジャーです。

日本社会でも広く浸透しています。

書店やオンラインストアでも、非常に多くの書籍が出版されています。

非常にメジャーな資格のため、就職活動で評価される見込みが高いです

たとえば、TOEIC900点を取得して就職活動に臨めば、書類選考でも、面接選考でも有利になるでしょう!

実際、筆者の周囲にいるTOEIC高得点保有者は、「就職活動時にTOEICが武器になった!」と言っていました。

また、TOEIC高得点によって、自分に自信を持つこともできます!こういう副次的な効果もあるのが、資格勉強のうれしいところですね!

TOEIC高得点は短期間で取得可能

TOEICで高得点を取るのは難しいんじゃないの?

そうお考えの方、多いかもしれません。

しかし、その思いは捨てしょう。

個人的な感覚でいうと、センター試験形式の問題で7割取れる人は、2、3ヶ月でTOEICで800点までいけます

もちろん、相応の努力は必要です。

ですが、一日中勉強する必要もありません。

時にはアルバイトなどをしながらでも、十分到達可能です。

英語は一度勉強したことがある

英語は、小学校、中学校、高校で繰り替えし勉強している分野です。つまり、一度勉強しているのです。

このため、ゼロから勉強する資格よりも短い期間で、他の受験生に追いつくことができます。

「そういえば、この論点はこうすればよかったんだったな」など、勉強するにつれて、感覚を取り戻すことができます。

センター試験形式の問題で7割取れる人は、ある程度の英語力があります。

改めて文法、長文の読み方、リスニング基礎などをゼロから勉強する必要はありません。

慣れることで、スコアアップできるのがTOEIC

TOEICは、問題形式が決まっています。

このため、問題に応じた解き方を身につけることで、より効率的に問題を解くことができるようになります。

つまり、「TOEICに慣れれば、トータルのスコアは向上しやすい!」ということです。

では、どうすればTOEICに慣れることができるのでしょうか?

それは簡単です。

10回分問題を用意し、それをほぼ完璧に解けるようにするのです。

こうすることで、かならず英語力、TOEIC力は向上します!

TOEICは、習うより慣れろ」。

そんな試験なので、短期間で高得点を取りやすいのです。

まとめ

以上、大学生向けにTOEICをおすすめしました!

似た試験として、「TOEFL」や「IELTS」などありますが、これらは主に留学の際に必要とされます。

したがって、一般企業への就職を目指す方へはあまりおすすめしません。

「英検」もメジャーな資格で、取得する価値は高いと思いますが、面接試験がありますので、結構負担があります。

TOEICのほうが、的を絞って、短期間で勉強できるので、個人的にはおすすめです!

TOEICは、数をこなせば、ある程度の成長が目指せる。そんな資格です。

一般企業への就職を考えている方は、文系、理系を問わず、ぜひTOEIC高得点を目指してみましょう!

※本記事では、資格・検定試験をまとめて「資格」と表記しています。