これだけは!文系大学生が取得すれば良い資格はたった2つだけ!

はじめに

資格を取りたい。でもバイトもあるし、サークルもある

大学生の頃ですと、こういう悩みありますよね?

このように悩んでしまうのは、いろんな資格を取ろうとしているからかもしれません。ですが大事なことは、本当に意味のある資格を取ること。専門的な資格は、仕事をはじめてからでも十分間に合います。

今回の記事では、忙しい文系大学生の方向けに、「大学生の間に絶対取得取るべき!」という資格をご紹介します。取ったほうが良い資格は、この記事では紹介しません。

今回紹介する資格は、たった2つだけ。本当に必要と思われる資格だけをピックアップしました。忙しい文系大学生のみなさん、今回紹介する資格は、絶対取得したほうが良いですよ!

文系大学生が取得すべき資格

普通自動車免許

普通自動車免許は絶対取っておきたい資格です。住む場所にもよりますが、かなりの割合の人が、「取ってよかった」と思っているはずです。

大学生のうちに絶対取得しておきたい理由は、大きく2つあります。

1つ目の理由は、「社会人になってから取得するのが難しい」からです。社会人になると、地方へ転勤があったり、相手先に車で伺うというシチュエーションがよくあります。そんなとき普通自動車免許を取得していないと、「取っておけばよかった」と思うこと間違いなしです。

筆者の友人を見ていても、働きはじめてから普通自動車免許を取得するのは、かなり大変そうです。ただでさえ残業続きで疲れているのに、平日の夜や、休日を返上しないといけません。

2つ目の理由は、「身分証明書になる」からです。これからクレジットカードやその他いろいろな契約を結ぶことは増えてきます。そこで求められるのが、身分証明書。特に顔写真つきと指定される場合がよくあります。そんなとき、普通自動車免許はめちゃくちゃ便利です。笑ってしまうような理由ですが、これも立派な理由。

余談ですが、単純に旅行先で車に乗れたりするので、そういう時も活躍してくれますね!

このように、普通自動車免許はかなり効果のある資格。取得を迷っている方は、取得しましょう。また、「私は都内で生活するから」という方も、今後もしかしたら急な転勤や、パートナーの仕事の都合で地方へ行く可能性もあります。ぜひ取得を検討しましょう。

TOEIC

TOEICは万能な試験!

TOEICとは、英語を母語としない人を対象とした英語試験です。リスニングとリーディングで、合計990満点の試験です。

このTOEICは、ぜひとも取得しておきたいところです。その理由は、いくつかあります。

1つ目の理由は、就職活動においてTOEICの効果が絶大だからです。このTOEICは、万能な資格です。どの分野の業種でもかならず評価されます。それほど、企業にとって英語や国際コミュニケーションというのは必須なのです。こんなに圧倒的な資格、受験しないと損です。

2つ目の理由は、大学生の頃のほうが勉強しやすいからです。まず、大学生のみなさんは受験英語を経験しています。このため、英語の感覚を取り戻すのは比較的カンタン。また、実はTOEICって時間をかけて慣れていけば得点が伸びる試験です。だから、比較的時間に余裕のある大学生のほうが有利なんですね!

3つ目は、自分の自信になるからです。TOEICで高得点を取るのは難しいと言われますが、800点程度であれば十分努力で到達できます。このゴールに向かって努力するという経験は、かならず自分の良き経験になります。

何点を目指すべきかわからない人は800点を目指そう!

世間一般では、TOEICで800点というと高得点と評価されます。また同時に、ちゃんと努力すれば届くのも800点です。したがって、TOEICで何点目指すべきかわからない人は800点をめざしましょう

具体的な方法は、「大学生が、独学3ヶ月でTOEIC800点を取る方法(前編)」という記事で紹介しています。TOEICで800点を取りたい方は、こちらをチェックしてみてください!

はじめに 「どうすればTOEIC800点以上取れますか?」 以前、大学生こそTOEIC800点以上を狙うべきだ、という記事を書き...

おわりに

今回の記事では、文系大学生向けに普通自動車免許とTOEICをご紹介しました!

とりあえず、この2つだけ取得していれば、就職活動でも大きな遅れを取ることはないでしょう。どうしても時間がないという方も、この2つはがんばって取得してみましょう!

シェアする

フォローする